教育課程

 

(1)教育課程編成の基本的事項
 
ア 小学部は学級担任制を、中学部は教科担当を基本とする。 
イ 1単位時間は小学部45分、中学部50分とする。(ベッド学習は小・中学部ともに45分)
ウ 授業は、小学校及び中学校に準じた教科・領域に、「自立活動」を加えたものとする。 
エ ベッド学習(登校できない児童生徒に対する病院内指導)は、1日3時間を標準として行う。
オ 指導内容は、小・中学校に準じた教育を行う。
  
(2)指導計画作成上の配慮事項

本 校 の 一 般 的 傾 向

主 な 対 応 策

○一人一人の症状や安静度が多様である。
 
・主治医の指示による学習形態を考慮する。
・自立活動の時間は学部別で指導する。
○病気治療による学習空白がある児童生徒の
 学力差が大きい。
・個別的な教科指導を重視する。
 
○児童生徒の在籍期間が短い。
・指導目標の設定と評価を工夫する。
○家庭から離れているので心の不安定さがある。
・家庭及び病院との連絡を密にする。
 
(3)各学年の教科・領域と週時数特色
教育課程