2019年11月の記事一覧

文化祭が行われました

 11月22日(金)、保護者の方や病院の方がたくさん応援に来てくださる中、伊奈分校の文化祭が行われました。児童生徒たちは初めとても緊張した面持ちでしたが、病院の方々が楽しい演奏やダンスで盛り上げてくださったので、心配や不安が吹き飛び、それぞれの児童生徒がこれまでの頑張りの成果を見事に発表することができました。

 小学部はドッジボールを題材とした手作り動画を発表しました。脚本作りや撮影も自分たちで行い、ユーモアにあふれる台詞をつけて観客の皆さんを大笑いさせてくれました。

 中学部の有志の発表では、クイズ、ケン玉、コマ、楽器演奏、歌、ダンス、プレゼン、ルービックキューブなど、すべての発表が堂々としていて、観る人たちに感動を与えてくれました。また、音楽の授業で練習を積んできた合奏「小さな恋のうた」では、息のピッタリと合った迫力ある演奏を行うことができ、保護者の方の中には感極まって涙を流しておられる方もいらっしゃいました。

 廊下には児童生徒や保護者の方、病院の方の作品が飾られました。すべての作品が個性あふれる素敵な作品で、温かい気持ち、優しい気持ち、元気や勇気をいただきました。

 文化祭の最後には、飾り付けや招待状、ポスター、カウントダウンカレンダー作りの準備等も含めて、一人一人の頑張りを称える賞状がそれぞれの児童生徒に手渡されました。

  

    

   

 

自分メーターについて

 伊奈分校の自立活動の授業では、児童生徒と担当教員が定期的な個別面談を行いながら「自分メーター」という尺度表を使っています。これは自己理解を深めるためのチェックシートで、国立特別支援教育総合研究所等の御指導をいただきながら伊奈分校で作成したものです。「こころ」「しゃかい」「がくしゅう」「からだ」「せいかつ」「身のまわり」の6つのカテゴリーの中に10個ずつの項目があり、合計の点数を図のようなレーダーチャートにしていきます。担当教員の評価と自分の評価を比較したり、転入学してから1ヶ月目ぐらいの状態と退院する前の状態とを比較したりして、自分自身のことを理解することができるようにしています。

 また、「自分メーター活用ブック」を使って自分の強みを知ることや苦手なことへの対策を考えるようにしています。自分自身のことを理解すると、周りとの関係も変わってきます。伊奈分校の児童生徒たちがより良い人間関係を築けるようにバックアップしていきたいと願っています。


【自分メーター(一部抜粋)】
ダウンロードはこちら → 伊奈分校 自分メーター.xlsx  伊奈分校 自分メーター.pdf


【レーダーチャート】


【自分メーター活用ブック】
ダウンロードはこちら → 伊奈分校 自分メーター 活用ブック .docx  伊奈分校 自分メーター 活用ブック .pdf